背中ニキビ跡は消せる!?ビーグレンニキビ跡ケアの効果をレビュー!

なんとかしたい背中ニキビ跡は消せる!?ビーグレンニキビ跡ケアの効果をレビュー!パーティーや結婚式のドレスの前に、ビーグレンのニキビ跡ケアで背中美人を目指しましょう!
MENU

背中ニキビは治る!

 

なんか汚い背中...。ふとだれかに指摘されたりでドキッとした経験はありませんか?

 

意外に感じるかもしれませんが、背中は皮脂や汗の分泌が多く、皮膚の角質層が厚いパーツ。しかも、衣服で蒸れやすいく、座り仕事などでイスに密着していたりするため、ニキビが発生しやすい環境にあります。

そのため、次々と化膿したニキビができてしまう「難治性のニキビ」となるケースが多く、ニキビとニキビ跡の両方に悩んでいる方が多くいます。

 

繰り返しやすい背中のニキビは、重症化する前に早めに治すことが重要です。背中ニキビの原因や正しい治し方を知り、適切なケアを行い生活習慣から見直ししていくことが大切になります。

 


背中ニキビの原因

 

背中ニキビは単一の原因で発生するわけではなく、いくつかの原因が複合的に作用して発生しています。

 

ニキビ発生の第一段階は、

 

  • 肌の乾燥
  •  

  • 睡眠不足や疲労といった物理的ストレス
  •  

  • 精神的ストレス

 

などが挙げられるでしょう。

 

 

皮脂の過剰分泌

強いストレスを受けると、自律神経のうち交感神経が活発になります。

交感神経が優位の状態になると男性ホルモンが過剰分泌され、本来のホルモンバランスが乱れてしまうという問題が発生します。

 

男性ホルモンには、皮脂分泌の促進、角栓の発生、さらには毛穴の縮小を引き起こす性質があり、排出しきれない皮脂が毛穴の中で古い角質と混ざり、やがて毛穴を塞いでしまうのです。

 

洗い残しや毛穴の詰まりも大きな要因

 

洗い方が不十分だと、古い角質や余分な皮脂が溜まりがちで、お肌が正常なターンオーバーを繰り返すことができません。

 

特に、背中は洗いにくい場所であるため、洗い残しが発生しやすいといえます。また、洗い流しが不十分で石鹸やシャンプー、ヘアトリートメントなどが残ってしまうことによっても、毛穴が詰まることがあります。

シャンプーやリンスなどに含まれる界面活性剤や添加物なども、肌にとっては異物のため、お肌に残留したこれらの物質が過角化を招くことがあります。

 

 

治りにくい場合はマセラチア毛包炎の可能性も!?

人間の皮膚にはマラセチア菌という常在菌が棲みついており、このマラセチア菌は皮脂を好むという性質を持っています。皮脂が閉じ込められた白ニキビの内部は、マラセチア菌にとって絶好の環境。ニキビ内にマラセチア菌が入り込むと、大量の皮脂を餌にどんどん増殖し、皮脂に含まれるトリグリセリド(中性脂肪)を遊離脂肪酸という刺激物質に変えてしまうのです。

 

こうして毛穴の内部に炎症が生じると、赤く腫れた本格的なニキビへと悪化してしまいます。こうなると、そう簡単に自然治癒はしませんし、治った後に跡が残り、美容面で大きなマイナスを生じてしまう可能性が高いのです。

 

背中ニキビを治す方法

 

背中は手も届かないし、自分で確認するのも難しい場所です。

しかし皮脂腺が多く、皮膚が顔と比較して厚く、硬いので、いったんニキビができると悪化しやすく、跡も残りがちです。

 

なので、常に気を使いケアを習慣化させることが重要です。

 

 

ビタミンなどの栄養のある食事

ニキビの改善や予防のために積極的に摂りたい栄養素としては、ビタミンB群があります。

ビタミンB群は脂質の代謝を活発にして、皮脂の分泌を適正に保つ働きがあります。
なかでも、皮脂の分泌を調整して肌を健康に保つビタミンB2が不足すると、肌が脂性になり、ニキビができやすくなったり、できてしまったニキビが悪化したりすることがあります。

 

さらに、ビタミンB2をはじめとするビタミンB群やコラーゲンの生成を助けるビタミンCが不足すると、肌のターンオーバーのリズムが乱れ、ニキビだけでなく、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因になります。

 

かぼちゃ、にんじん、ホウレンソウなどに含まれる、豊富なビタミンA、ゴマやアーモンド、玄米に含まれる亜鉛、レモンやイチゴ、いも類などに含まれるビタミンCは、粘膜や肌を健康に保ち、新陳代謝を促します。

 

逆に必要最小限の摂取を心がけたいのが、皮脂腺を刺激する動物性脂肪や糖分、男性ホルモンの分泌を促す高GI食品です。これらの摂り過ぎは、皮脂の過剰分泌を招きます。また、香辛料の効いた刺激の高い食べ物やアルコールも、皮脂腺を刺激します。

 

 

睡眠などの生活習慣

寝ている間に肌を再生する細胞が作られるのですから、睡眠をしっかりとらないとニキビは悪化してしまいます。

就寝後、最初のノンレム睡眠90分と、レム睡眠90分の計180分間の間に成長ホルモンが最も分泌されるので、入眠直後の眠りの質が大切なのですね。肌の生まれ変わりが正常に行われれば、ニキビができる確率はぐっと減ります。

 

また、肌に直に触れる衣服、特に下着は、肌触りの良いものを身に付けましょう。就寝時は肌が蒸れないように、通気性にも留意してください。そして、汗をかいたら着替えをすることも有効です。

 

 

スキンケア

背中を洗う際には、汚れを落とすためとはいえ、垢すりタオルやボディブラシでゴシゴシと洗ってはいけません。

 

強い刺激で肌のバリア機能が低下したり、ニキビができている場合には、傷を付けて炎症を悪化させてしまいます。汚れや余分な皮脂、古い角質などは洗い流さなければいけませんが、こすり過ぎないように気を付けましょう。

 

強くこすらずに角質を取り除くには、ピーリング成分が入った石鹸などによるケアがおすすめです。

ピーリングは、酸などの力で肌表面にある古い角質を溶かし、ターンオーバーを促す効果があります。ピーリング効果がある化粧品には様々な種類がありますが、サリチル酸やフルーツ酸(AHA)や酵素が配合されているものが良いでしょう。

 

背中にピーリングを行った後には、肌が乾燥しないように必ず保湿も必要です。

特にピーリングの後は角質層が一時的に薄くなり、バリア機能が低下するため、保湿ケアは必須です。

 

背中ニキビのスキンケなら一度は試したいのがビーグレン!

 

背中ニキビっていったいどんなスキンケアを使えばよいのかわかならいですよね?

 

そこでおすすめしたいのがサイエンスコスメで有名なアメリカのドクターズコスメ、ビーグレンです。

 

このビーグレンは多くの女性が愛用するCセラムや人気のアイクリームなどを始めとする多くのスキンケアの最先端の浸透技術をコスメに採用しています。

 

ビーグレンをもっと詳しく!

 

ビーグレンは、アメリカ発のサイエンスコスメとして人気があり、毛穴の開きや詰まり、シミやシワ、ニキビ、美白など様々なお肌の悩みの応じた商品を開発・販売しています。

 

中でもニキビケアは大好評で、マッサージするだけで古い角質が除去できるクレイウォッシュと、抜群の浸透力を誇る高濃度ビタミンC美容液が評判を呼んでいます。ビーグレンの特徴は、ビーグレン医療に用いられる浸透技術をコスメに応用した

 

「Qusome(Qソーム)」

 

という独自の浸透テクノロジーを採用しているところ。

 

ビーグレンの生みの親であるブライアン・ケラー博士によって開発されたQusomeは、有効成分の皮膚への浸透力を格段に高め、肌の奥にまでしっかり届けることで肌トラブルのない肌を実現してくれます。

 

ニキビのないキレイな素肌へ...。ぜひ積極的にスキンケアで使っていきたいですね!

このページの先頭へ